理想の職種をすぐに見つける事が出来る

デザインを仕事に

DTP職の求人に応募する前に知っておきたいこと

DTPはデスクトップパブリッシングという英語の略称のことですが、DTPにはデザイナーやオペレーター職があります。DTPデザイナー職を簡単に言いますと、雑誌などのページをパソコンを使用してデザイン、さらにはレイアウトをする仕事です。そのため、求人の応募の際には、パソコンを使用できることが必須とされています。 また、求人などで出されてる応募条件は、DTPの基本的な知識があることとグラフィックソフトの使用経験が求められることがほとんどです。派遣の場合には未経験者でも応募のできる求人は存在しますが、正社員として採用を目指すならば使えるようにしておいた方が良いです。 なお、DTPの知識やグラフィックソフトの使用経験だけで、すぐに現場に出るというのが不安という方は、派遣で実務経験を積んでから正社員になるという方法もあります。以上についてが、求人に応募する前に知っておきたいことです。

DTPから広がる可能性

DTPとは出版物や広告、看板など様々なメディアへのデザインをコンピューターで行う作業を指します。職種としては、DTPオペレーター、DTPデザイナーなどがあり、一定のスキルを必要とする専門職の一つといえます。求人の際に求められるスキルはデザインやレイアウトといった編集能力、パソコンソフトも業種によっては複数のソフトを使用することになります。 DTPの特徴としては、パソコンの処理によりレイアウトはもちろん、写真の加工や絵を描く事も可能な為パソコンの専門学校や独学でもある程度のスキルは身につくでしょう。 また、専門学校へ行く事で、アルバイト求人もあり、直接実践の場に触れるチャンスもあるでしょう。就職についても、学校側へ直接求人がきたり、インターン制度などもあります。 もちろん、学校へ行かなくても、絵に自信があるという方は、それを武器に実際に現場でDTPスキルを身につけていくことも可能でしょう。むしろ最近の求人状況を見ているとDTPスキルよりも絵が描ける、イラストに自信があるという方の方が重宝される場面も少なくありません。DTPスキルを磨くことでwebデザイナーなど、更なる可能性も広がります。